文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム

京都大学

コース紹介

小杉 眞司

コース責任者小杉 眞司

京都大学大学院医学研究科医療倫理学・遺伝医療学 教授

独立した遺伝子診療部門を日本でもっとも古くから開設している施設のひとつです。幅広く多彩な疾患、背景を持つクライエントに対するチーム医療による本格的な遺伝カウンセリングを習得することができます。

週4日勤務も選択でき、時間外手当も支給されることから経済的にも安定しています。診療科とのローテイションなども相談の上、可能です。

4週間コースでは、特に家族性腫瘍外来を担当していただきます。

モデルカリキュラム

AM 教室会議 選択科目 小児神経遺伝外来 遺伝養育外来 小児遺伝外来
PM 総合遺伝外来 周産期遺伝外来 成人神経遺伝外来 家族性腫瘍外来 家族性腫瘍外来
夕刻 スタッフミーティング/家族性腫瘍WG ロールプレイ演習 合同カンファレンス

31_00

選択科目 (特徴的なカリキュラム)

  • 遺伝子診療部における包括的遺伝子診療
  • 家族性腫瘍外来への参加とがんセンターとの診療連携
  • 認定遺伝カウンセラーと協働するチーム医療への参加
  • 専門的遺伝カウンセリングスキルの修得

受け入れ医師の処遇について

10ヶ月コース

身分 医員 (非常勤)
勤務時間 8:30~17:15(7時間45分勤務)週4日、5日を選択可能
給与 日給 11,600円~13,400円 (医師免許取得後の年数による)
諸手当 時間外勤務手当有、通勤手当、宿日直手当、放射線取扱手当等
休暇 有給休暇:10日  夏季休暇:3日  創立記念日:1日
その他 本学関係規程等による
宿舎
社会保険 全国健康保険、厚生年金、雇用保険、労働者災害補償保険(労災保険)
2ヶ月の出張期間の取扱 業務による出張として京都大学から給与を支払う。旅費、滞在費等はプログラムから支給されます

4週間コース

身分 専攻医が所属する大学の身分で、京都大学医学部附属病院が診療従事を許可した医師
従事時間 トレーニングプログラムの定めによる
給与等 所属する大学から支給(京都大学からは支給されません)
社会保険 所属する大学の定めによる

インテンシブコース

京都大学遺伝カウンセリング集中コース

インテンシブ
コース名
京都大学遺伝カウンセリング集中コース
対象者 臨床遺伝学、特に遺伝カウンセリングに興味を持つ医師
コース開講期間 1週間程度~1年
募集人数 若干名
修了要件・
履修方法
京都大学の遺伝子医療部門において、指導医の指導を受けながら、短期研修プログラムに参加(合計15回以上)する。研修終了時に、研修報告書を作成する。
履修科目等 指導医の指導を受けながら、
1.関西遺伝カウンセリング合同カンファレンス(各隔週金曜 16:30から4時間程度)に参加する。
2.(オプション)希望者は、京都大学医学部附属病院遺伝子診療部で行う遺伝カウンセリングに同席する。
※曜日等は、変更する場合がある。
費用 無料(交通費・滞在費は本人負担)
募集期間 随時
応募方法 HP内の応募申請書フォームをダウンロードし、必要事項を記入の上、プリントアウトして郵送、またはメールに添付してお申し込みください

お申し込みはこちら

ページ先頭へ